鎌ヶ谷のローカル情報をお届けします。

春から秋にかけて、「ハチ(蜂)」にご注意下さい!

bc_140602_蜂

暖かくなってくると活動が活発になる「ハチ」ですが、黒猫宅近くでもよく見かけます。

鎌ケ谷市では、ハチの巣が作られた場所の所有者または管理者が、実費でハチを駆除しなければならないようです。

bc_140601_蜂に注意

ハチは春から秋にかけて活発に活動します。

無料で駆除する市もあるようですが、鎌ケ谷市では業者紹介のみのようです。

市による駆除業者の紹介

3社紹介されていますが、どこも有料です。

ホームページで価格を掲示している会社もありますが、巣が作られた場所やハチの数などによっても金額が異なるかと思うので、まずは電話相談してみて下さい。

市川市ビル管理事業協同組合( ニューテクノジャパン)

千葉県害虫防除協同組合

 東京企業株式会社 船橋営業所

ハチに刺されないために…

ハチだけに、「8」個の注意が広報に掲載されていました。

  • 巣には近づかない。巣に石を投げたり、つついたりしてハチを刺激しない。
  • 巣の前を急いで横切ったり、振動を与えたり、急激な動作を避ける。
  • 巣の近くで芳香の強い香水、ヘアスプレーなどの化粧品を使わない。
  • 純毛製品や黒い衣服は刺されやすいので、そのような服装で巣に近寄らない。

↑この4つは巣があると分かっている場合ですね。

  • ハチがいる場所で熟した果実やジュースなどの甘味料の飲食はしない(ハチは木の樹液や甘いものに集まる)。

↑これはビールや発泡酒、チューハイなどにも当てはまります。

バーベキューをしていて、飲みかけの缶ビールにハチが入り込み、気付かずに飲んで口を刺された事案もあります。

  • 洗濯物を取り入れるときは、ハチが潜んでいないかよく確かめる。
  • 自動車駐車中は、窓は必ず閉めておく。

室内に入られるとこちらもパニックになりますし、ハチによっては仲間を呼ぶ場合もあります。

  • ハチは急激な動きに敏感。スズメバチなどに遭遇して、威嚇や攻撃を受けた場合は、大声で騒いだり、腕で追い払ったりすることは厳禁。姿勢を低くしてゆっくりその場から離れる。

ハチは上下(縦)の動きには鈍いため、慌てて逃げ出すのではなく、まずは「しゃがむ」などが有効なようです。

bc_140602_蜂

黒猫は昔、頭部をミツバチに刺された経験があります。

養蜂していたミツバチをアシナガバチが捕食のために攫おうと捕まえていたので、それをミツバチごと箒でぶったたいたからでした・・・。

助けようとした行為が攻撃と思われ、ミツバチに襲われてしまった悪い例です。

広報の注意に黒い服が刺されやすいとありますが、髪の毛や瞳も黒いために刺されることがあります。

ちなみに黒猫は頭部のてっぺんを刺されたのですが、頭部は皮膚が薄いせいか、めちゃくちゃ痛かったのを覚えています。

 

普段の生活で見かけるハチは、こちらから何かしなければ刺されることはまずありません。

とは言っても、何かしているつもりが無くても、ハチが攻撃と判断する事もあります。

緑が多い公園などで遊んだり食事したりするのも気持ちが良い季節になってきましたが、周りには十分お気をつけて!

問い合わせ

鎌ケ谷市役所 環境課 047-445-1141 内線 255・258

bn0502

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です